〖ペット〗トリミングに病院併設を選択

先日、トリミングが終わって、お迎えにいった時の写真です。
洗いたてで毛がほわほわしています。

トイプードルという犬種は、一生トリミングが必要な犬種です。
カットしてあげないと、毛は伸び続けていきますし、毛玉も酷いことになっていくでしょう。
その代わりに毛が抜けないので、衣服に毛がついたりはしません。

最初、仔犬の頃に通っていたトリミングサロンは車で30分くらいかかる場所にありました。
広いドックランも併設したキレイなサロンで気に入っていました。
ペットホテルも利用させて頂いてました。

何のタイミングでサロンを変えたのか・・今思い出せないんですが(笑)
車で15分程のサロンへと変更して、長く通わせてもらっていました。

その頃、撮ってもらった写真です。

泥のスパみたいなのをお願いしたこともあるな~。
夏の暑い時期だったかな・・脂っぽい気がして。
トイプーくんはまったりと気持ちよさそうしてた、ってトリマーのお姉さんがお話ししてくれたっけ。

病気をしてリハビリ期間中はトリミングの間に立たせておくことが困難なので、サロンには連れて行けませんでした。
”シャンプーのいらない洗浄・除菌のアルカリイオン水” というのを購入して、シュッシュッと吹きかけて身体を拭いてあげるくらいしかできませんでした。
毛は伸び放題。
目の周りだけ、うっとおしそうだったので、ジャキッとハサミ入れました。

リハビリのおかけでなんとかお座りもできるようになった頃、いつものサロンでトリミングをお願いしました。
トリミングを終えてお迎えに行くと、カットしてる時に何度かペタンと座ってしまってハサミを入れられず、時間がかかってしまったと。
病院併設でトリミングしてくれる所に変えてみてはどうかと、いつも担当してくれていたトリマーのお姉さんに言われました。

確かに・・・ここからはどんどん高齢になっていくし、オシャレなカットをして欲しいわけでもないし、必要最低限のことを安全にしてもらえるほうが私も嬉しい。

かかりつけの動物病院には併設のトリミングがなかったので、調べてみることに。
HPやInstagramを見ていると、やはり高齢の犬がお世話になってることが多いです。
トリミング中に何かあってもすぐ獣医さんに診てもらえますしね。

問い合わせてみたら、まず1度受診されてください、とのことでした。
受診したことがある、というのがトリミングをしてもらえる条件でした。

最初、トリマーのお姉さんに動物病院併設を勧められた時には、なんとも悲しい気持ちになりましたが・・
うまく言えませんが、老犬という現実を突き付けられたような・・そんな感じですかね。

あれから、1年以上動物病院併設のトリミングへ通わせていただいています。
可愛くカットしていただいて、所要時間も短くなって、トイプーくんの身体にも楽になったと思います。

あの時に、アドバイスもらって動物病院併設へ変更しておいてよかったです。

撮影ボックス30cm 撮影 ブース MIZIYOU撮影用テント LED写真照明キット 高輝度 6枚背景布 簡易撮影スタジオ 多角度対応 折り畳み式 組み立て簡単 注:電源アダプタは5V2A-5V4Aです 付け説明