動く犬をどう撮ればいい写真になる?〖犬の写真〗

春がくると、たくさんのお花が咲きはじめます。
公園の花壇には綺麗に植えられた花々。
トイプーくんと歩く散歩道の脇に咲いている花々。

美しい花たちを入れてトイプーくんを撮りたくなります。

・・・が、ウチのトイプーくんは立ち止まってはくれません😢
その撮影場所に長く居てくれることもムリ!(笑)

いかに一瞬で撮るか、にかかっています!(笑)

Twitterにあげた写真の、撮影と編集のしかたをご紹介させてください。

撮 影 (桜)

でも、これくらいの写真なら撮れます!

この2枚の写真は、iPhoneで撮影しました。
しかもまだ7を使っています(笑)

・カメラモードの、「LIVE」を ON にして撮影します。

そうすると、少し動いてる画で保存されます。

おとなしくお座りしてくれているワンちゃんなら、通常モードでの撮影も可能かと思いますが、ウチのトイプーくんタイプの方にはこの方法がオススメです。

撮りたい桜の近くにはいてくれるけど、顔はこちらを向いてくれない・・
向いてくれても一瞬・・・

そう!その一瞬が、LIVEモードにしておけばうまく画に収まります。

撮った写真を編集する

アプリの「写真」から、撮影した写真はを選びます。
右上にある「編集」を押します。

そうすると、このような画面になるかと思います。

編集モード

・緑の〇で囲んである箇所を押す。

連写したようにたくさんの画像が出てきます。
その中から奇跡の1枚を選んで、「キー写真に設定」を選びます。

・緑の〇がある列にある、他の機能を使って編集する。
トリミングで、周りに写りこんでしまっているものを削除する。
傾きを直したり、アップにしたり、自分の好みに編集してみてください。

暗く撮れてしまったものを明るくもできますので、色々といじってみてください。

・全て編集し終えたら、右下にある「✔」マークを押して保存するのを忘れずに!

上の2枚は、このLIVEモードのうちの2枚です。
1回撮っただけでも、違った2枚になります。

撮 影 (菜の花)

菜の花

こちらは初めから、菜の花に囲まれている写真をイメージして、撮影しました。

菜の花が何列か咲いていたので、間の道へ娘と立っていてもらいました。

手前の菜の花越しに撮影をして、あとはトリミングするだけです。簡単!

様々なシーンで応用できると思うので、ペットとの素敵な1枚の参考にして頂けたら嬉しいです。

撮影後は、大好きなお散歩を楽しみます。

『トイプードル14歳』との一日一日を綴っています
『犬の写真』花と撮ったり、お出掛けした写真、
部屋の中で『100均で飾り付け』をした背景でペットの写真撮ってます。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。