100均自分で作れる「風鈴」ダイソー・セリア

夏と言えば窓の近くに「風鈴」がある景色が浮かびませんか?うちでは風鈴は使用していないので子供達は知らないと思っていたらアニメ・テレビなどで見て「夏=風鈴」という図式はあるようです。夏が近いので子供達と一緒に風鈴をデコレーションしてみました。透明な風鈴・塗料は100均ダイソー・セリアで購入できます。※風鈴のデコレーションは簡単ですがガラス製品なので、落とすとすぐ割れてしまうので作業する時は大人が必ず傍にいて見ててあげましょう。

ダイソー風鈴

100均「ダイソー」で自分でデコレーションが出来る透明な風鈴が販売されています。

ダイソー風鈴

風鈴」(110円)
パッケージはこんな感じです。ダイソーでは模様が付いている風鈴も販売されているので確認して透明な物を購入しましょう。夏が近いと風鈴コーナーができていたりするのでそこに置かれている事が多いです。夏以外でも和風コーナーなどがある店舗などでは販売しているようです。

セリア風鈴

100均「セリア」にも透明な風鈴が販売されています。

セリア 風鈴

風鈴」(110円)
全長約40cmの透明な風鈴です。セリアも夏の時期は風鈴コーナーができている事が多く柄付きの風鈴と共に販売されている店舗が多いです。

並べてみました

ダイソー&セリア 風鈴

ダイソー、セリアの物を並べてみました。風鈴の大きさが結構違うので大きめがいい、小さめがいいどちらか好みで選んだ方がよさそうです。子供が風鈴を絵付けする時は大きい方が描きやすいのですが、手が小さいので落とす可能性もアップするので小さい子の場合はセリアの方が持ちやすくていいんじゃないかなと思いました。



アクリル絵の具で絵付け

ダイソーアクリル絵の具

アクリル絵の具」「使い捨てパレット」(110円)
使う絵の具、使い捨てパレットもダイソーで各110円で購入しました。アクリル絵の具は乾くと耐水性になり、重ね塗りも簡単な絵の具でガラスにも色付けできます。
パレットは毎回洗うのは手間ですよね、イベントなどで使う場合は使い捨てのパレットの方が便利そうです。セリアにも使い捨てパレットは販売されていました。

ダイソー風鈴

風鈴は内側に模様を描くので、筆で細かく絵を描こうとするとなかなか難しいのでうちはイラストを描くというより模様を描く感じにしました。筆でかきにくい場合は綿棒を使ってポンポン色をつけていく感じもやりやすかったです。

ダイソー風鈴

自由に色&模様をつけてみた感じです。自分で柄をかくと愛着が沸くので飾りたい!と喜んでいました。

ガラス絵の具で絵付け

ダイソーガラス絵の具

ガラス絵の具」(110円)
こちらダイソーで見かけた”ガラス絵の具”です。乾くとガラスなどツルっとしている場所にもシールのように貼り付ける事が可能な塗料です。風鈴もガラスなので相性がいいかな..と思ったのですが…

ダイソーガラス絵の具

ガラス絵の具でシールを作る場合はクリアーファイルなど剥がしやすい素材の上に形を作っていきます。その後乾燥すると固まるので約8時間程度乾燥させます。乾燥したらゆっくり剥がし、風鈴に貼ってみました。

ダイソー 風鈴

見た目はカラフルで可愛かったのですが、風鈴の振動が伝わりにくくなり音が変わってしまいました!音が低くなったので音を抑えたい時にはお勧めかも知れません

マニキュアでマーブリング

マニキュアでマーブリングが出来る動画を見たのでチャレンジしてみました。

ダイソー マニキュア

マニキュア」(各110円)
使用したのはダイソーのマニキュアです。女性だったら家にある方も多いと思います。

マニキュア マーブリング

準備するのはマニキュア、汚れても大丈夫で深さがそこそこあるバケツ、使い捨てパックなど、お湯(40℃程度)を用意します。器の中にお湯を入れてマニキュアを垂らしていきます。3色程度あれば見た目に彩りがあるマーブリングがつくれます。爪楊枝などで少し移動させたりしてもいいです。これでバッチリ!と思ったら紐などを全て外した状態の風鈴を入れてマニキュアをすくうように付けます。

マニキュア マーブリング

乾かしたら完成です。マーブリングの魅力は不規則で同じ物が2度と作れない模様&手軽にほぼ失敗なくできる事だと思います。

注意
マニキュアの匂いが強いので換気が十分できる環境でやる事をお勧めします。と、マニキュアが手、机などに付くと落ちないので除光液も合わて用意しておきましょう