セルフラミネートで作るしおり 機械は不要です!

ラミネート加工された、診察券・カードなどは折れないし、水に濡れても大丈夫なので便利ですよね。でも、専用の機械がないとできないと思っていたら、今は100均でラミネート機不要の”セルフラミネート”が販売されています。ダイソー・セリアなどでカードサイズからA4など大きいサイズの物まで110円で購入できます。折れない特性を生かして本に挟む「しおり」を子供と一緒に作成しました。

準備する物

セルフラミネートで作るしおり

使用するのはセルフラミネート、ハサミ(またはカッター)、穴開けパンチ、リボンがベースになります。その他、中に挟むデザイン・素材を好みに合わせて準備して下さい。セルフラミネートはダイソーで購入したA4サイズです。5枚入っているのでお友達と、兄弟と、ちょっとしたイベントなどでも使える量です。

セルフラミネートの使い方

ラミネートは専用の機械で熱を加えて成形するイメージですが、セルフラミネートの場合は専用の機械も、熱も必要ありません。

セルフラミネート

使い方は本当に簡単で安全です。薄い方のフィルムをゆっくり剥がします※全部剥がさない方がいいです。

セルフラミネート

ラミネート加工したい物をフィルムの上にのせて、先程剥がした薄い方のフィルムをシワを伸ばしながらゆっくりかぶせます。

セルフラミネート

空気を抜きつつ、しっかり押さえて密着させます。

セルフラミネート

不要な部分をはさみ・カッターなどでカットすれば完成です。角が鋭利だと痛いので角は丸めに切った方がいいかなと思います。作業はこれだけなので子供でも安全に作成する事ができます。



作成例1:クラフトパンチ

紙を簡単に可愛い形に切り抜ける”クラフトパンチ”で飾り付けをしてみました。

セルフラミネートで作るしおり

こちらの”クラフトパンチ”はダイソーで1つ110円で販売されています。少し固いですが4歳ぐらいから一人で紙から可愛い形にくり抜く事ができると思います。

セルフラミネートで作るしおり

切り抜いた形を七夕の時に購入した短冊の余りに貼っていきます。短冊はしおりにちょうどいい大きさ&色だったので余ったらしおりにしてしまうのもおススメです。他にも便箋、折り紙、包紙などを使用してもいいと思います。

セルフラミネートで作るしおり

お菓子のパッケージ、シールなど好きなキャラクターも合わせて貼ってみました。セルフラミネートで挟みしっかりと密着したら穴あけパンチで穴を開けて、リボンを付けたらしおりの完成です。

作成例2:押し花

子供と一緒に公園に行くと四つ葉を見つけたり、季節の花をつんだりする事があります。そのまま捨ててしまうのはちょっと悲しいですよね。せっかく見つけた四つ葉や季節のお花を押し花にして保存しておくのもいいなと思います。

セルフラミネートで作るしおり

しっかりと乾燥させた四つ葉の押し花を入れたしおりを作りました。幸運がきてくれるといいなと思います。

作成例3:蓄光シール

本を寝る前に読む事も多いですよね、暗くなった時に薄っすらと光る蓄光しおりを作ってみました。

蓄光シールのしおり

用意したのは黒の「厚紙」とダイソーで購入した「プリンセスの蓄光シール」です。

蓄光シールのしおり

シンデレラの舞踏会をイメージしたしおりができました。夜電気を消すのが楽しみになれそうです。蓄光シールをクラフトパンチの星型で切り出して夜空を作るのもよさそうです。

作成例4:塗り絵

鬼滅の刃塗り絵

子供達が大好きな”鬼滅の刃”の塗り絵です。塗り絵は「色を塗ったらもうおしまい」だとちょっと勿体ない気がしませんか?上手に塗れた塗り絵や、好きなイラストをしおりにするのもいいと思います。

塗り絵しおり

好きなキャラクター&自分で塗った塗り絵は愛着が沸いてくれると思います。

作成例5:セロハン

ダイソー カラーセロハン

カラーセロハン」(110円)
100均でも購入できる”セロハン”です。光が当たると色がついた影ができるので子供にも人気の工作アイテムですよね。こちらを使って透明なしおりを作成してみました。

カラーセロハンしおり

セロハンをハサミで好きな形にカットして貼り付けるだけの簡単しおりです。クラフトパンチでカットして形を作るのもいいかなと思います。本の上に色のついた影が落ちるのでしおりを挟むのが楽しみになりそうです。

セルフラミネートの種類

100均ダイソー・セリアで販売されている「セルフラミネート」の種類はこちらに掲載しています。

ラミネート機不要の「セルフラミネート」100均ダイソー・セリア